-転職活動を通じて気づいたこと-

1年以上、転職活動を経験してきた わたくしオギですが

転職活動を通じて気づいたこと4点をお伝えできればと思います。

視野が広くなる

転職する前の私は、身を置く業界の知識しか知らなかったですが

いざ転職活動をして、多くの求人を見る機会が増え、

こんな会社もあるんだ! といった具合に

多くの会社を知ることができます。

多くの会社を知るということは、

世の中にある製品、サービスを知るチャンスであり、視野が広くなることにつながり

私にとって転職活動を通じて、多くの刺激も得ることができました。

積極的になれる

当時の私は、勤務先で大きなミスはしないよう、細心の注意を払って

仕事に取り組んできましたが、転職買う銅をすることにより

仕事でミスっても、最悪責任取って辞めればいいや。 といったマインドになるので

リスクを冒してでも、攻めの営業をすることができるようになりました。

今の会社を辞めても働きどころはたくさんあることを知り
別に今の会社を辞めても、どこか受かるだろう、という気持ちにもなり、とても楽になったことを覚えています。

転職活動を始めてから、当時の仕事も好転し始めたので

転職活動は、私にとてもいい刺激を与えてくれたと感じています。

意外と今の会社の良い点が見える

転職活動を始めると、他社の給与体系や福利厚生を

明確に提示されることになります。

そこで、他社と自社を比較すると、意外と自社の福利厚生が悪くなかったんだなと感じることがあります。

なので、特に転職を考えていないが

日常業務に飽きてきた、刺激がないと感じている方であれば

まずはエージェントへ登録して

転職活動をお試しでやってみる、のも一案だと思っています。

世の中で求められていることを知ることができる

私に限っての話ですが、

BtoBの営業職を志望していたので基本的には以下を見られていた気がします。


・巻き込む力
・困難な状況になっても、自身で解決できる力
・マネジメント力(30代の場合)

転職活動では、必ずと言っていいほど

・困難だったことは?

・それをどのように解決したのか?

といったことを質問されます。

そのため、日頃の業務は自己アピールのネタとなるので
ハードルが高ければ高いほど、アピールの後押しにもなります。

そのため、日頃の業務も解決し

転職活動でもアピールできるので1石二鳥であると、考えることができます。

転職活動を考えていない方も、

まずは外を見てみる

行動を起こすのも良いかもしれません。

The following two tabs change content below.
オギログ

オギログ

大手SIerの営業マンです。                          【キャリア】 専門商社(中小)→大手財閥メーカー →大手SIer

コメント

タイトルとURLをコピーしました